プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/06/24 (Wed) 21:19
やはり私立高校には勝てない!ミッションスクール潜入ルポ

 知り合いの校長が名門私立中高一貫女子高校の校長に天下り。一度見に来ないかと言うことで見学に行ったが、さすがと言うか、完璧な教育だ。ミッション系スクールなので、週に1回、ミサがある。音楽の授業ではお互い向き合ってミッション系の曲を歌う。これだけでもかなり良い意味での洗脳だ。驚いたのは英語の授業。中1~高2まで教師は英語しか話してはいけない。もりろん多少の日本語は話すのだが、外人講師とのTTが実に素晴らしい。文法を教えなくても生徒は自然に英語を身につけていく。文科省が公立小学校での英語教育を進めているが、それはあくまで授業が成り立ってのことだ。落ちついた教育環境でこそ初めて理想の授業は可能なのだ。中高一貫だからこそ、私立だからこそ、女子高だからこそ、ミッション系だからこそ、理想の教育が成り立つのだろう。
 校長の教育理念も素晴らしい。ゆとり教育の一環の「生きる力」は、抽象的で何をしていいのかわからない面があった。多くの学校では、「生きる力」を、自分のことだけ考える「人を蹴落としてまで自分だけが生きる力」と勘違いした者が多い。この校長は「生きる力」を「共に生きる力」と言った。だからコミュニケーション能力も必要だ。しかも自己は、「他人を尊敬して初めて成り立つ自己だ」とも言いました。このような具体的な説明だとよくわかる。しかしそれは私立だからこそ出来ることだろう。公立では無理だろう。
スポンサーサイト

<< 第10回 いじめを許さない教師の会 - 学校はいじめを「解決」でなく「終結」させたいだけ | ホーム | 意外に多いホモ教師 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP