プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/05 (Sun) 19:40
文科省の補正予算、何かおかしくありませんか?

 文科省が4900億円の補正予算。しかし中身が問題だ。スクールニューディールと言う名をつけたのは良いが、内容は見栄としかいいようがない。学校の耐震化、校舎に太陽光パネル、地デジ対応テレビへの買い替え、電子黒板、パソコン購入など、いかにも今風の対応だ。その他、武道場整備、理科の実験器具の予算などがついた。
 しかし何かおかしくないだろうか。最近の教育の問題は何かを考えてみれば、的外れもいいところだ。学校の耐震化なんかよりも大切なものがあるだろう。パソコン関係も良いが、そんなものは生徒が個人で携帯で遊んでいるのでわざわざ学校で教える必要もないだろう。いや、教えないほうがいいのかもしれない。ネットの弊害が問題になっており、携帯の校内持込禁止をうたっている自治体もあるのにね。電子黒板は、昔のOHPのイメージだろうが、そんなものは生徒にとってはどうでもいいものだ。教師の自己満足に過ぎない。理科の実験器具?理数嫌いが増えている中でそんなものは役に立つとは言いがたい。もっと大切なものがあるだろう。
 はっきり言えば、生徒にとってどうでもいいものばかりなのだ。生徒には安心して、いじめや盗難のない学校が求められる。教師の数を増やすことが先決ではないのか?いじめは休み時間に起きる。ならば巡回する教師や警備員の数を増やす必要があるだろう。そんなことは長年言われてきているのに一向に進まない。政府のお偉い方は教師がしっかりしないから学校が荒れるのだと思っているのだろうが、昔と今では事情が異なりすぎるのだ。いくら教師を締め付けることばかりしても何も解決しない。今、問題なのは、体罰禁止のために教師を恐れなくなった生徒、マスコミの教師たたきのせいで親が教師をバカにするようになってきた。所謂モンスターペアレントの出現だ。こんな環境だから、いじめが発覚しても、いじめた生徒を厳しく指導できない。いじめた生徒を少し叩いただけでもすぐにバカ親が怒鳴り込んでくる。そんなバカ親に育った子供は、教師をバカにする。生徒指導や担任の言うことを聞かなくなる。所謂クソガキが育つのだ。何でも担任に集中しすぎだ。ならばくだらないことに金を使うのなら、教師の数を増やし、担任2人制にすればいいのではないか。
スポンサーサイト

<< 日本は野球を大きく取り上げすぎ?柳ヶ浦高校の球児事故死の取り上げ方 | ホーム | 駅ホームで同級生刺殺ーすぐに人を殺そうとする若者の短絡的思考回路 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。