プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/09/01 (Tue) 09:18
大きく取り扱われなくなってきた「いじめ自殺」

いじめ苦に心中か…女子中生2人転落死
 静岡県藤枝市の複合商業ビル駐車場(6階建て)の屋上から30日、同じ市立中学2年の女子生徒2人(ともに13歳)が転落して死亡する事故があり、市教委などは31日、2人がいじめを受けていた可能性があることを明らかにした。
 藤枝署は、2人が心中を図ったとみて動機を調べている。
 捜査関係者によると、屋上に残されていた1人の携帯電話に、「自分がいじめられている理由は」で始まるメモが残されていた。メモは7月半ばに作成されたとみられる。自宅でも、悪口を言われたことなどを挙げて「生きるのに疲れた」と書かれた「遺書」と題する文書が見つかった。
 市教委と中学校長の記者会見によると、この生徒は昨年、学校の調査に「悪口を言われている」と回答。学校側は、男子生徒ら数人がいじめているとして、指導を続けていた。一方で今年6月、担任教諭に「(学校生活が)すごしやすい」とも伝えていた。
 もう1人の女子生徒は中学2年になってから不登校で、1年の時には「悪口を言われた」と申告していた。2人は昨年度は同じクラスで、仲が良かったという。

 このようなケースでは学校側はいつも「いじめは認識していた。指導は続けてきた」と弁解する。だから自殺したのは学校の責任ではないよ、という保険をかけているのだ。こんなことではますます学校側は機械的にしかいじめ対策をしなくなってしまう。指導したから無視したわけではない、という大義名分が通ってしまい、自殺しても仕方がないという恐ろしい発想になってしまう。
 そもそも指導とは何なのか。呼んで口頭注意が関の山だ。体罰もだめだから、いじめた生徒は体の痛みを与えられない。心の教育などと甘ったるい、ものがあるから、説得や指導すれば何とかなると思っているのだろうか。現場の教師はわかっているよ。そんなことではいじめがなくならないことをね。問題なのは、いじめた生徒に厳しい指導が出来ない教育行政の指導があることだ。いじめなんか口で言ってもなくならないよ。鞭打ち100回位必要だ。それがだめなら、いじめた生徒の親と本人を呼んで、校長室でいじめられた生徒と親の前で謝らせるようなことをしないとね。今の学校の指導なんか、生徒にとって痛くも痒くもないさ。おまけに中学校は義務教育だから、退学もないよね。生徒はますますなめてしまうよ。義務教育も考え物だ。一刻も早い、いじめ防止条例の批准が求められる。
スポンサーサイト

<< 民主党の教育方針は、教育界を混乱させるだけだ! | ホーム | 民主党が圧勝だが、教育界には向かい風 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP