プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/16 (Wed) 09:42
民主党は日教組が支持母体。輿石氏は元日教組教師。また教育が後退する。

 参議院議員の日教組の輿石東氏が代表代行のようだ。短期大学出身で元小学校教師が民主党3役ですか。昨年のキムタクのドラマを彷彿とさせる。しかし彼の実績はかなり怪しい。仲間の教師を使って選挙資金を集めたり、教育基本法改正に賛成したり。支離滅裂というか、あくどいというか。所詮日教組出身の連中は品も無く、金にはルーズだ。身内が組合の選挙に出ると、すぐに校内でカンパ袋が出回る。出さなければ後で嫌がらせが起きる。1人500円から1000円、1学校50人前後いるから、結構な額だ。中には、組合嫌いの管理職寄りの教師まで金を出す。狭い空間だ。後々のことを考えたら、少しは恩を売っておいたほうが良いということだろう。
 それにしても、日教組のような教育破壊集団が政治の中枢にまで顔を出すのはどうだろうか。民主党が日教組を支援しているのもよくわからない。単なる利害関係によるものだろうが。逆に言えば、組合で発言力の強い教師は、政治家の道も開かれるということだろう。呆れるのは、教員時代に散々管理職いじめをした組合教師が、何年か経った後に、管理職試験に合格しているのだ。と言うことは、教育委員会も組合出身の教師をある程度認めざるをえないのだろうか。あるいは、交渉力に長けた組合幹部の教師のほうが、組合との交渉がうまくやれるとでも思ったのだろうか。元組合の幹部が、都の進学重点高校の校長だものね。何を考えているのだろうか。これだから公立学校は、教育委員会、管理職、組合のもちつもたれつの関係になってしまい、思い切った改革が出来ないのだろう。
 安倍元首相が必死になって改革しようとした教育改革も、教員免許更新性が輿石氏らによって潰されようとしている。確かにあんなものは形式的に講義をいけるだけで全く無意味なものだ。あれは安倍氏の日教組教師に対する嫌がらせだろう。しかしそんなことしたってほとんど意味がない。日教組を潰すのなら、日教組そのものを解体するしかないだろう。そもそも素朴な疑問なのだが教師に組合なんかいるのだろうか。相変わらず公立学校の教師の給料は、不況に関係なくそこそこ高い。休日も異様に多い。この時期は文化祭だが、ほとんどの公立中高は、9月19、20日に実施し、その代休を24,25日に当てる。すなわち21日から27日まで連休なのだ。ほとんどの学校がこのようにサボることを前提に考えているからね。
 最後に輿石氏の今までの略歴を載せておこう。いかにも日教組出身の悪徳政治家のやりそうなことがずらずら出てくる。 


概要 [編集]
山梨県韮崎市出身。都留短期大学初等教育科卒業。兄は山梨県韮崎市教育長を務めた輿石薫[1]。
現在は小沢一郎、菅直人と共に民主党代表代行を務める。乱暴な言動で物議をかもすこともある(文芸春秋2009年9月号)。 旧社会党系の横路グループに所属、支持基盤は日本教職員組合(日教組)である。2009年3月に小沢一郎党首(当時)の公設第一秘書が西松建設からの政治資金規正法違反容疑で逮捕されると「間違ったことはしていない」といち早く擁護の方針を明確にする。
田中康夫は、輿石が教育基本法改正の最終段階において容認したことに関し、輿石も既得権益を代表するという点で与党議員と変わりないと批判する[2]。
略歴 [編集]
経歴 [編集]
1958年 神奈川県津久井郡青野原小学校教諭
1963年 山梨県北都留郡上野原町(現上野原市)立西原小学校教諭
1984年 山梨県教職員組合執行委員長
1986年 山梨県労働組合総連合会議長
政歴 [編集]
平成2年(1990年)第39回衆議院議員総選挙(旧山梨全県区・日本社会党公認)当選。
平成5年(1993年)7月18日 第40回衆議院議員総選挙(旧山梨全県区・日本社会党公認)2期目当選。72,561票。
平成8年(1996年)10月20日 第41回衆議院議員総選挙(山梨1区・旧民主党公認)落選。45,288票。
平成9年(1997年)山梨県教育研究所所長就任。
平成10年(1998年)7月12日 第18回参議院議員通常選挙(山梨県選挙区・無所属)当選。183,721票。
平成12年(2000年)参議院国会移転特別委員会委員長就任。
平成13年(2001年)党参議院国会対策委員長就任。
平成16年(2004年)7月11日 第20回参議院議員通常選挙(山梨選挙区・民主党公認)2期目当選。231,631票。党参議院幹事長就任。
平成18年(2006年)党参議院議員会長就任。
平成19年(2007年)党新潟県中越沖地震対策本部長代理に就任。党参議院議員会長再任。党代表代行就任。
平成20年(2008年)党参議院議員会長3選。
平成21年(2009年)党代表代行再任。

山梨県教職員組合の教員による政治活動問題 [編集]
「日本教職員組合#山梨県教職員組合の政治献金問題」も参照

支持母体である山梨県教職員組合が第20回参院選に向けて、小中学校の教職員らから組織的に選挙資金を集めていたことが明らかとなった。また選挙対策本部が教員を有権者への電話作戦に動員させていたことが判明した。これは、教職員の政治的な活動を禁じた教育公務員特例法や政治資金規正法に違反している疑いがあるとされる。この事件に関しては、山教組幹部ら2人が政治資金規正法違反で罰金30万円の略式命令を受け、山梨県教育委員会は教員24人に対し、停職などの懲戒処分をした[3]。教員らの証言によれば、『輿石議員への政治献金として裏口座でプールされた』という。輿石は関与を否定しているが、公式に届けられた寄付金の額に比べてはるかに大きな金が集められていたとみられることから、今後さらに問題化する可能性があるとされる[4]。

2003年から2004年にかけては、輿石氏が役員を務め、国会で「私自身の政治団体」とも述べた県政連は、山教組所属教員らから集めた輿石氏への選挙資金カンパ6000万円余について、疑惑が報じられるまでは政治資金収支報告書に一切記載しなかった[5]。このうち、約3300万円が輿石側に寄付されていた[5]。

輿石が浪人中の1997年に所長を務めていた山梨県教育研究所について、「長期研修中」の山梨県の教職員が「事務局長」の役職で実質的に研究所の運営を担っていたとして、平成17年12月27日に文部科学省は山梨県に対して指導通知を発出した[6]。

この事件の後も輿石と山教組の関係は続いている。2008年5月17日に南アルプス市で開催された山教組定期大会に、輿石は来賓として出席した。大会にはこのほか、輿石の関係する政治団体の長、校長会や教頭会の長が来賓として一堂に会した。輿石はこの場で「全国に誇る100%の組織率を維持し、地域へ出て父母と手をつなぎ、声を国会に届けてほしい」「教育三法や教育基本法が次々と変わり、教員が政治的中立を図る教育ができない」と発言した[7]。また、2009年1月14日に行われた日教組の会合では「私も日教組とともに戦っていく。永遠に日教組の組合員であるという自負を持っている」と宣言し、「教育の政治的中立はありえない」と教育基本法第14条の規定を無視したとも受け取れる発言をしている[8]。


臓器移植法案に関する発言 [編集]
2009年6月18日の記者会見で、「臓器移植法案を最優先でやらなければいけないとは思っていない。急がなければ死んでしまうという話でもない」と述べ、民主党が国会に提出している母子加算手当を復活させる生活保護法改正案の審議状況をにらみつつ、臓器移植法改正案の審議に臨む考えを示した[9]が、翌19日の民主党参院議員総会では、18日に衆議院で可決された臓器移植法改正A案への対応について「(内容が)重い法案だ。きちんと議論し、方向性を出さなければいけない」と述べ、18日の発言を修正した[10]。

スポンサーサイト

<< 民主党の公立高校の授業料無料科は上手くいかないよ。 | ホーム | 小泉元首相への復讐が始まる‥。亀井氏の意地。 >>

コメント

こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。







コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


生活保護 世帯分離

家族政策としての生活保護商品価格:3,150円レビュー平均:0.0 生活保護不正受給。これってあり〜???(怒)生活保護不正受給。これってあり〜???(怒)ある家庭の話です。親子4人(子供4年生と5年生)で生活保護を受給してます旦那は仕事が趣味って位、働き者です嫁は他


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。