プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/18 (Sun) 18:25
民主党の教育政策は自民党以下!絵に描いた餅の数々

 日教組寄りの民主党にあまり期待はしていなかったが、政権交代から1ヶ月。現場を知らないお役人たちのおめでたい政策が次々と。まあ、ひどいものですな。覚えているいだけでも
1.教員免許更新制は10年度に解消 2.教育自習は1年間 3.教員養成6年制
4.高校までの授業料無償化 

 教育現場の実態がわからない一般大衆はともかく、少なくとも教育現場を左右する役人は、現場で右往左往する教師の意見を聞いているのだろうか。
 教員免許更新制は全く意味のない、くだらない政策だ。安倍元首相が教育改革に重点を置いたのだが、残念なことに彼は教師がたるんで入りとでも思ったのだろうか。日教組叩きを始めたのはいいのだが、1人1人の教師個人の負担が、様々な提出物の増大のため相当増えているのにも関わらず、意味のない更新性だ。何回も大学の講義に出席し、くだらない講義を聴いて、レポートにまとめるのだろう。そんなのは意味のない、あくびの出るような大学の講義と変わらない。そんな講義を受けさせるくらいなら、体罰を認め、親のクレームを無視するような政策をとったらどうだろうか。そもそも学校現場がおかしくなってきたのは、教師の指示に従わなくなってきた生意気な生徒の増加、子どもの言うことを鵜呑みにするバカ親の増加、警察や教師の不祥事をおもしろおかしく取り上げ、権威を失墜させてきたマスコミだろうが。政府もそんなマスコミの無責任な報道を真に受け、教師の首を絞めることばかりだ。アホとしか言いようがない。
 更に教育実習の1年間。これもアホとしか言いようがない。現場にとって教育実習生ほど邪魔で無意味な者はない。授業中間違いだらけ。フォローしても言うことを聞かない。もっともゆとり教育で育った躾の出来ていない若者だから仕方ないのだが。はっきり言って、実習生のいる2週間は、授業がストップしているようなものです。それが1年間?バカもいい加減にしてほしいですね。
 更に6年間の養成期間?全員大学院に行けとでも言うのでしょうか?それでは優秀な学生は民間企業に流れてしまいますよ。4年で十分でしょう。いくら専門知識を得たところでも、クソ生意気な生徒を前にした場合の対処法は、現場での経験年数ですか図れませんよ。そんなこともわからないお役人には教育行政はわからないでしょうね。
 高校までの授業料無償化ですか。一見、北欧を真似した似非らごとに聞こえるのは、日本と北欧では全く環境が異なるのですよ。北欧ではオチコボレに対してすぐに別教室でフォローできるような体制を国家ぐるみで対処しているのに、日本はほったらかしです。これでは何をしてもオチコボレが学校を荒らすだけです。金八のような教師だけではありませんから、全く悪循環ですね。教師の数を増やし、オチコボレ対策をしないと、荒れた学校は荒れたままです。授業料無償化したらどうなるでしょうか。中学時の学校荒らしがそのまま高校に入ってきますから、また高校が荒れるだけです。そもそも勉強する習慣のない生徒が急に勉強なんかするはずがありません。そのような学校を荒らす生徒に対して、教師は体罰も認められていませんし、モンスターペアレントの増大でますます負担が増えるだけです。
スポンサーサイト

<< 女性が主役の殺人事件の数々 | ホーム | 小学生教師が覚せい剤で逮捕ー遂に教師もか >>

コメント

変わる必要があるのです

親たちやPTAが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)に注目して読み始めたのは、学校教育に大きな危機を感じたからです。
今の学校教育では、子供が良い職を持てず、ホームレスやネットカフェ難民になることに、やっと気付いたのです。不登校、退学、引きこもりとなって、一生涯、親のお荷物になる危険もあります。家庭内で大きな悲劇が起きます。
「おバカ教育」を止めさせることは、子供のためばかりではなく、親の人生を守るためにも必要なのです。
これは、全国的な大運動となります。

寂しがり屋さん

友達の前では少し強がって彼氏なんかいらないって言ってしまうけど、やっぱ本音では欲しいです、夜は寒いし寂しいし私の本音に気付いてください。メアド乗せておくので優しい方連絡くださいtoward.the-future@docomo.ne.jp

暇人さんへ。全く同感です。ゆとり教育で子どもは勉強しなくなり、子どもの権利条約で生意気な性格になり、学校の言うことに耳を貸さなくなった親がわが子の教育に行き詰まり、自由と放任の履き違え、個性とワガママのはき違え、愛情と甘やかしの混同など、凛とした親がほとんどいないのが現状です。結局、いい歳になっても親のすねかじりを続け、それをただ放置しているバカ親。いや、親こそ可哀想なのかもしれない。これだけ教育の指針がころころ変わる国も珍しい。管理がいいのか自由がいいのか、詰め込みがいいのかゆとりがいいのか、口うるさくいったほうがいいのか放任したほうがいいのか、多くの親は混乱していはずだ。多くの親が、子どもに愛されたいという裏心(本音)を子どもに見透かされている。だから子どもは親に甘え、自立しない。自分がすねたり怒ったりすると、親はあたふたするだけ。
 いじめもそうだ。わが子がいじめらえていても、方法ばかり人に聞いて、自分では何もしない。いや、こちおらが提案しても行動に移さない。だからいじめはなくならない。いじめを辞めさせるのは、常識にこだわっていてはいけない。素手でライオンに立ち向かうようなものだ。

ごめんなさい。

一人で家出したんだけど助けてほしいです。今まで強がってました。もう親には頼れない…super-love.smile@docomo.ne.jp

助けて

ストーカーの追い回されて怖いんです。毎日夜になると非通知電話多いし怖い。。。助けてくださいpeach-.-girl@docomo.ne.jp

いやあ。教員の経験年数を積んでいる人の方が変わっている人が多いと思いますが。不適格教員を認定する制度が軽すぎる。

教員養成さんは学生ですか?私は極めてまともですが何か言いたいことがあればはっきりおっしゃって下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。