プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/13 (Fri) 10:14
市橋容疑者の親のインタビューに不快感

 日本のマスコミは犯人がわかるとすぐに親族の家を探し当てる。村社会のなせる業か、犯罪者の親の顔を見てさげすみたいのか。いずれにせよ、日本で犯罪を犯したら親族もろとも社会から抹殺されるということだ。かつて、連合赤軍の坂東国男が逮捕された時、父親は自殺した。昔の親はその位、子供の責任を一手にかぶったものだ。あの当時、すなわち昭和20年代前半に生まれた人の多くは、団塊の世代、安保反対、学生運動に身を投じたものだ。それが当時の流行であり青春であり自己主張だったのだろう。子供ながらに、なぜ東大の安田講堂で火炎ビンが飛び交っていたのか理解に苦しんだものだ。逆に今の若者はそんなことをする気配すらない。おそらく昭和49年の三菱重工爆破事件、昭和52年のダッカでの超法規的人質交換事件以来、日本の若者の過激な行動はなりを潜めた。時代は変わり、昭和30年代に生まれた者は、気づいたら受験受験の「偏差値世代」だ。高得点をえあげることしか期待されず、自己承認が下手な世代だ。そんな鬱屈した世代が物心ついた時には、右脳と左脳のバランスが崩れ、ユリゲラーや心霊写真などに興味を持つ。子供の頃のテレビといえば、ウルトラマン、仮面ライダー、スーパージェッター、エイトマンなどの空想未来ものばかりだ。そんな空想に汚染された頭脳に入り込んだのが、オウム真理教をはじめとする新興宗教、自己啓発などの「心探し」「自分探し」「洗脳」などだ。心が未熟な者が多く、ちょっとしたことですぐに洗脳されてしまう。最近、30代の女性に大金を貢ぎ、殺された男性が相次いだが、女性にまで騙される情けない男が増えたということだろう。市橋の親は、ちょうどオウム世代か少し前ではないだろうか。子供が何をしようが他人事。あくまで子供本人の責任で自分たち親は何の責任もない。そういった感覚がよくわかる。秋葉原の通り魔の加藤被告の両親のほうがまだまともかもしれない。一応顔はぼかしで、母親は放心状態。それにしても子供があんなことをしてテレビによく出ますね。その神経がもはや普通の人間の感覚ではないのでしょう。
 では、子供が犯罪を犯したら、親の責任はどうなるのでしょうか。どこまで責められるのでしょうか。三田佳子のバカ親は、子供が何度も覚せい剤で逮捕されても、シャーシャーとしていた。中村雅俊は親の責任をひしひしと感じていた。やはり親の姿勢は問われるべきだろう。芸能人、医者、教師、警察の子供は、えてして非行に走りやすい。いや、一流会社の息子の一柳展也も金属バット殺人事件で、元祖「親殺し」の子供として有名になった。問題は親の日ごろの接し方だろう。長年教師をしてきたが、子供の教育に合格点を与えられる親は少ない。逆に、こんなことをしたら子供がショックを受ける、トラウマになる、傷つく、甘やかされ大人をバカにする…。そんな禁句を平気で言う親のなんと多いことか。「親が子供に言ってはいけない言葉」「あなたも子供に殺される」…。次はそんな本でも出版しようかと思っています。

スポンサーサイト

<< 殺される女性は真面目で未来がある者ばかり | ホーム | 市橋狂想曲ーすべてはマスコミ次第 >>

コメント

おはようございます!あかねです。
管理人さんに質問してもいいですか?
親って、子供を産んだら子供が30歳になっても、40歳になっても、ずっと責任を取らなくてはいけないものなのですか?石川遼君みたいな息子なら、賞賛されるけど、このタイプが息子なら、一生を棒に振りますね。親を見る限り、良識のある良さそうなご夫婦で、息子のせいで世間を敵にまわして、仕事も失い、お気の毒です。動物を飼って情操教育、勉強も出来る限り、力が出せるようにサポートし、スポーツも頑張り、部活もやり、生徒会もやる位だから、道徳心も社会性もあったんでしょう。親だって、ここまで育てたら、後で、挫折が待っていても、自分で折り合いつけたり、乗り越えるものだと思うでしょう。普通なら。何が足りなかったのかと言えば、やっぱり男の子は、父親力?ここまでしてもここからはダメとか、行動の限界設定、女の子への優しさは、母親である妻へ見せる思いやりから。父親を尊敬してる息子は、学校の先生や年上の人に暴言や暴力はしないはず。私は、父親になる男性は、息子に伝える言葉を持つ人でないとダメだと思う。言葉というか魂みたいな深い意味の。男の子を一人前に自立させるのは、大変な事。優しい友達親子では多分無理。高校生になって、先生方を失望させてしまうのは、父親が、世の中の厳しさを本気で教えていないから。又、学歴あっても、彼女ひとりも見つける自信が持てないような内気な男性にこれからの、世の中を生き抜く強い心を持った息子を育てられるとも思わない。もし娘がいたら、妻や子供に、きちんと伝える言葉を持つガッツのある、経済力のある男性と出会えるように自分を磨いて幸せになる事を考えなさいと伝えたいです。男の子は、将来経済力と幸せな家庭を持つにはどうしたらいいのか、逆算して真剣になれたらタバコで違反してる場合じゃないのに。勉強とか資格取るとか。心がまともになれば道はあるはずです。と、あかねは思いました。

Re: タイトルなし

> おはようございます!あかねです。
> 管理人さんに質問してもいいですか?
> 親って、子供を産んだら子供が30歳になっても、40歳になっても、ずっと責任を取らなくてはいけないものなのですか?石川遼君みたいな息子なら、賞賛されるけど、このタイプが息子なら、一生を棒に振りますね。親を見る限り、良識のある良さそうなご夫婦で、息子のせいで世間を敵にまわして、仕事も失い、お気の毒です。動物を飼って情操教育、勉強も出来る限り、力が出せるようにサポートし、スポーツも頑張り、部活もやり、生徒会もやる位だから、道徳心も社会性もあったんでしょう。親だって、ここまで育てたら、後で、挫折が待っていても、自分で折り合いつけたり、乗り越えるものだと思うでしょう。普通なら。何が足りなかったのかと言えば、やっぱり男の子は、父親力?ここまでしてもここからはダメとか、行動の限界設定、女の子への優しさは、母親である妻へ見せる思いやりから。父親を尊敬してる息子は、学校の先生や年上の人に暴言や暴力はしないはず。私は、父親になる男性は、息子に伝える言葉を持つ人でないとダメだと思う。言葉というか魂みたいな深い意味の。男の子を一人前に自立させるのは、大変な事。優しい友達親子では多分無理。高校生になって、先生方を失望させてしまうのは、父親が、世の中の厳しさを本気で教えていないから。又、学歴あっても、彼女ひとりも見つける自信が持てないような内気な男性にこれからの、世の中を生き抜く強い心を持った息子を育てられるとも思わない。もし娘がいたら、妻や子供に、きちんと伝える言葉を持つガッツのある、経済力のある男性と出会えるように自分を磨いて幸せになる事を考えなさいと伝えたいです。男の子は、将来経済力と幸せな家庭を持つにはどうしたらいいのか、逆算して真剣になれたらタバコで違反してる場合じゃないのに。勉強とか資格取るとか。心がまともになれば道はあるはずです。と、あかねは思いました。

>このタイプが息子なら、一生を棒に振りますね。
 石川遼の父親がどうかしまいたか?職を失ったのですか?そんなニュースは知りませんでした。しかし彼のような10代で一億稼げる息子を育てるとは、羨ましい限りです。その箇所以外の父親像、母親像は大方当たっています。しかしあくまでごく少数の理想的な家族ですね。偏差値50以下の、片親の元で育った子共は、親に捨てられたトラウマで、愛情欠乏症が多いのが事実です。先日、ラジオで室井佑月とバトルをしましたが、片親で子どもを育てるのは、片肺飛行の旅客機のような、もので、まともな操縦など出来るわけがありません。男の教育の仕方はあかねさんのおっしゃる通り。しかし現実は、子どもが尊敬しうるような父親はごく僅かということです。どうしようもない不良男子の父が実は有名な評論家だったりすることはよくあります。家庭訪問したら「先生も暇ですね。こんな奴のためにご足労頂いて。こいつはこいつで自主性に任せていますから」と言われましたからね。世の中、親の責任を放棄する者が多すぎますよ。高校生に自主性?アホかと言いたいですね。規範意識、常識が出来てから使う言葉ですよ。

このタイプとは、市橋容疑者の事です。名前をを書きたくなかったのでわかりにくくてすみません。あかね

 日本は村社会ですからね。親族が何かしたらその一族は滅びるということです。

あかねさんへ

 暇だったら、是非「エンカレッジsクール」の書き込みの感想を書いて下さい。都立高校ではこんなくだらないことをしていますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。