プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/11/22 (Sun) 19:55
「沈まぬ太陽」における懲罰人事等のいじめ

 久々に3時間以上の映画「沈まぬ太陽」を見た。途中休憩10分をとるほどの長編だ。日本航空の腐敗を描いた暴露物で、日本航空から批判が出たほどだが、ある程度は事実に基づいたものだろう。最近、この手の、戦後の日本の裏表を描いた映画が多い。「ゼロの焦点」「不毛地帯」などもそうだ。戦後の良き日の日本を復古したいのだろうか。
 本題に戻ろう。日本航空の腐敗振りは、半官半民のようなぬるま湯につかってきた営業努力の欠如によるものだ。最近では、アメリカのデルタ航空、アメリカン航空に乗っ取られれようとしている。民間企業でこのような慢心があったら組織は潰れる。組合がいくつもあるのも問題だった。組合が強ければ会社は衰退するのも既存の事実だ。学校も同様で、日教組が戦後の公立学校を潰してきたのは間違いないだろう。そもそも組合とは、労働者の立場ばかりを主張し、自分たちが楽をすることばかりに目が行く。会社の利益のために、会社の将来のためになどと思わなくなってしまう。日教組教師も、学校のためなどと考えなくなってしまい、管理職が一生懸命しようとすることに、条件反射で反対する。これだけ無意味な存在もないだろう。日教組思想に汚染されたら最後、二度と教育に真摯に向かい合わなくなるのだ。日本航空に対して全日空に乗ると違いがよくわかる。日本航空はスチュワーデスに美人が少ない。色気のないババアが多い。これも組合の方針だろうか。全日空は美人が多い。同じ高い金を払うのならどちらを選ぶかは一目瞭然だ。更にサービスも歴然とした違いがある。ヨーロッパ便の帰りは、おにぎり、カップめんが食い放題だ。ちょっとしたことだが、客の心を掴むのはどちらだろうか。
 今回の映画のテーマは、組合の主導者が左遷され、海外のカラチ、テヘラン、カイロなどに赴任させられ、更に日本航空墜落事故では対遺族対策までやらされる。しかし彼の元同士の組合員は会社側につき、汚職に手を染め、最後は逮捕される。そんな会社の方針に嫌気がさし、再びアフリカ勤務を命じられたが、ナイロビの境のない水平線に沈む太陽を見て、ちまちました日本での生活が嫌になっってしまう。その太陽がすべてのものを包み込む悠久の世界を見事に描き出すところで終わる。
 会社の方針に逆らうと左遷、会社の方針通りにすれば良心の呵責に悩む。人事はすべて上司の好き嫌い。今の日本を象徴しているような映画だ。
スポンサーサイト

<< 教育現場を知らない議員たちー呆れた蓮舫議員の発言 | ホーム | 殺される女性は真面目で未来がある者ばかり >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP