プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/11/25 (Wed) 11:30
教育現場を知らない議員たちー呆れた蓮舫議員の発言

教育現場を知らない議員たちー呆れた蓮舫議員の発言

 「事業仕分け」が話題になっているが、いつの世も教育関係は最後になってしまう。その結果、戦後世界でも有数の教育国が、最近では時代遅れの非効率的な学校組織になっており、学力面でも道徳面でも欧米やアジアに遅れをとっている。頑張っているのは私立だけだろう。多くの公立学校は未だに40人学級、道徳の時間、学級活動など、無駄なことに時間を費やし、肝心な基礎学力が低下し、モラルの荒廃など、もやは学び舎ではない。
 そんな中でも、小学校からの英語教育が今回の俎上に上がったようだ。11年度から小学校で英語が必修科になるが、相変わらず「小学からでは早すぎる」「日本語も不十分なうちから英語など持っての他」などのような呆れた発言をするお偉い方がまだ多くいるのは呆れるばかりだ。小学校1年、いや幼稚園からでも遅くはない。中国や韓国は低年齢層からの英語教育をいち早く取り入れている。これからグローバル化になるという時代に、中学からの英語では遅いに決まっているではないか。中には一念発起して英語に取り組む中年男性もいるが、彼らが口々に言うのは「もっと早くからはっておけばよかった。中年になるとリスニング、ヒヤリングなどの脳の海馬が衰えているから、難しい」。それが本音だろう。中学や高校で海外帰国子女が英語がペラペラなのを聞いて、羨ましく思う者は多いだろう。ならば小学校1年から始めればいいと思うよ。そもそも総合学習、奉仕活動、情報教育、道徳教育などが本当に必要なのだろうか。それらは元々なかったもので、生徒が自然に身につけるものだろう。そんな曖昧な科目ばかり増やすから、肝心な基礎学力がないがしろになるんだ。
 話を蓮舫議員に戻そう。彼女は「小学校の英語の教書は不要。ネットにデータを置き、必要な学校がダウンロードし、印字すればいい」と抜かしやがった。全く学校現場を何だと思っているのだろうか。ダウンロードし、印字するのにどれだけの労力がどれほどのものか全くわかっていないようだ。そもそも30人~40人教室で、ADHDやLDのいる教室で、落ち着きのない生徒がいる中で、どのように授業をするというのだろうか。最高でも10~15人でないと英会話など成り立ちませんよ。予算を使うのなら、教師の数を増やすか、少人数で授業が出来る環境を作ることが先決でしょう。蓮舫さん、一度困難校を見て下さいね。

スポンサーサイト

<< 東京都の愚作ーエンカレッジスクール、チャレンジスクール | ホーム | 「沈まぬ太陽」における懲罰人事等のいじめ >>

コメント

おバカ教育読んでみな!

事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止しましょう!
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることでしょう。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。
文科省は、国民を不幸にする悪性癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対許せません。
不道徳で無責任で腐敗した官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
文科省を事業仕分けで廃止すべきです。

Re: Re: おバカ教育読んでみな!

> 文科省の役人は東大などのエリートばかりです。世紀の愚作の「ゆとり教育」をおっぱじめたのが、鹿児島ラサール高校、現役で東大文一合格の寺脇研氏です。自分が学生の頃、親に無理やり勉強させられたことへの復讐でもしているのでしょうか。日本人を勉強させない国民にしてしまいました。彼の罪は、日本を亡国へと導いたのです。「国家百年の計は教育」なのは誰でも知っていることでしょう。しかしここ何年かの、勉強させない傾向は何なのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP