プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/12/18 (Fri) 14:04
子どもを叱らない大人が増えているー親も教師も世間も

 あるラジオ番組で、「最近の大人は子どもを叱らない」ことがテーマで話し合われていた。しかし敢えて言わせて頂ければ、そうさせたのは無責任な報道ばかりしてきたマスコミだろうが。虐待や体罰や管理教育を散々批判しておいて、最近になって「躾が出来ない、叱れない大人が増えている」とは何事か!そもそも叱ることによる子どもの反発ばかり気にしているからおかしなことになるんだ。大人が子どものご機嫌ばかりとっていたら、単にわがままで向こう見ずなクソガキが育つだけだろうが。最近目に余るのが、電車の中での子どものマナーだ。ドアが開いた瞬間、開いている席をめがけて猛ダッシュ。優先席なんかお構いなしだ。しかも両親一緒なのに、注意すらしない。子どもに電車の中でダッシュさせるようにしてはいけないだろうが。。日頃から子どもに我慢させていない教育が目に浮かぶ。更にひどいのが、子どもが席に座ったら、足が中に浮き、靴が隣の人に触れる。隣の人が迷惑そうにしても靴をぬがせようとしない。挙句の果てが、子どもが窓の外を見たいために体を窓のほうに向ける。その間も、隣の人は靴が気が気でない。問題なのは、その本人が子どもに注意すらしない。日本人はこのような時、黙ってしまうのだろうか。親も罰がわるそうな顔はするが、決して子どもを席から立たせたり、靴を脱がせたりはしない。その結果、子どもは自分が他人に迷惑をかけていることを親や周囲から注意される機会を失ってしまう。これは子どもより大人の責任のような気がする。少なくとも私が隣に座っている大人だったら、「おい、靴ぐらい脱げよ」と言ってやるが。親の反応が恐いのだろうが。確かにわが子が注意されると「ほら、恐いおじちゃんに怒られちゃったじゃないの」と言われそうで、何だか嫌な思いをするのも嫌なのかもしれない。とにかく日本は子どが悪さをしてもを叱らない国民になってしまったのだろうか。
 問題なのは20~30代の大人もそうだ。自分が叱られたことがないから、自分より若い人が悪さをしても叱れないのだ。コンビニやファミレスで大声で話していたり、走り回っているクソガキに注意すらしない。あまりにひどいので店員に、「何故注意しないんだ?」と怒ったことがあったが、「申し訳ございません」と言うだけで、軽く注意しただけだ。はたで見ていたら恐くも何ともない。で、また同じことが繰り返される。さすがに私が大声で怒鳴ったら静かになったが、誰も注意しないのに変わりはなかった。
 青少年の犯罪が凶悪化していると言われているが、初期の段階で大人が厳しく叱っていれば少しは減るだろうね。今の日本では犯罪者を増殖させているようなものだ。本人の自覚なんか期待してはだめだね。人間は痛い思いをしなければ直らないよ。問題なのは、日教組教師のイデオロギーだ。「今はわからなくても社会に出て痛い目に逢えばそれでわかるのさ」などと平気で言う。そのような教師は本気で生徒と対峙などしない。教育放棄にも近いが、昨今、あまり深入りしても、教育委員会、親、同僚などの協力がなくなってきましたからね。適当にやる教師が増えてきたのも事実です。不登校になろうがいじめられようが知ったことではない…。そんな学校は結構多いですよ。
スポンサーサイト

<< 今の政府では教育に良い方向性は望めない | ホーム | 人身事故急増に見る突発的な自殺ーもはや日本では生きる喜びはない >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。