プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2010/02/15 (Mon) 11:56
オリンピックの國母選手の傍若無人ぶりはゆとり教育の負の遺産!

 冬季オリンピックのスノボーの國母選手の服装や態度が問題になっている。何だか朝青龍や亀田兄弟を見ているみたいだ。何故あのような世間をなめたような人間が出来るのか、原因は明らかだろう。あの國母選手の甘ったれた目つき。よほど甘やかされて育ったとしか思えない。彼のような人間は戦時中の学徒出陣にでも参加し、根性を叩きなおしてもらうしかないだろう。つまり、今の日本の教育システムでは、彼のような世の中をなめくさっている、根性のひん曲がった若者を増産しているとしうことだ。あんな無礼者は、体罰しかないだろう。あの髪型って一体何?スティービーワンダーやレゲイじゃあるまいし、何様のつもりだろうか。コーチは?親は?相当甘やかしたんだろうね。もっとも昨今は、本人のためにぶん殴っても逆に訴えられるおかしな世の中だからね。お笑いの紳介が、生意気な後輩の若造の女性をひっぱたいただけで謹慎ですからね。これって絶対におかしいです。今の世の中をなめくさっている若造は、口で言っただけじゃ絶対にわからない。そんな時は体罰しかないだろうが。体罰禁止、セクハラなどと言っていたら、何をしても許されると思ってしまう若造を増産させるだけだろうが!実績があれば何をしてもいいという、人間の心の中で最も傲慢な部分を刺激してしまう。朝青龍は親方が、亀田兄弟は父親が甘やかし放題。マスコミも「勝てば官軍」とでも思ってチヤホヤ。やくみつる、内舘牧子さんなどが「天敵」などとして取り上げられてきたが、彼らが普通なんだよ。いくら強くても、絶対にしてはいけない言動があるだろうが!!!
 それにしても國母のあの目は忘れられないね。あんな生意気な若造は、坊主にして土下座でもさせなければ出場停止にすればいいんだ。日本の恥だ。このバカ野郎!!!!
スポンサーサイト

<< 石巻の少年による殺人事件は、ゆとり教育の負の遺産!!! | ホーム | 飲み屋で知り合った劇団の団長さんがいじめ問題を劇にし全国行脚 >>

コメント

お久しぶりです。

日スノボーのハーフパイプに
國母が出場するというので、
テレビのコメンテーターなどの反応を観察していました。
予想通り好意的でしたね。
本当は良い子なんだっていう擦り込みに必死な感じでした。
応援のメールなども國母に対するものが圧倒的、
あほちゃうか?
出場を辞退するのが反省ってもんでしょう。
精神を鍛え直して次回勇姿を見せればいいんです。
スポーツや武道は結果も大事だけど、
その内容や人間性が大切なんです。

本日、競技があり、
決勝進出、結果は8位入賞。
結果だけは立派ですが、
やはり私は賞賛するわけにはいきません。
これでメダルでもとっていたら、
メディアも大絶賛するでしょう。

教育者はどうすればいいんでしょう!
結果が良ければ、
校則を破ろうが何をやってもいい、
ってことになってしまう。
教師はさらに何も言えなくなってしまう。
マスコミは分ってるんだろうか?

角界には、
かつて双葉山という大横綱がいました。
相撲の神様といわれていますが、
なぜそれほどまでに国民に支持されたのか?
双葉山は強いだけではなかったからです。
もう、初代若乃花引退後は、
相撲は武道とは呼ぶには程遠い、
ただの見世物に成り下がってしまいました。
朝青龍がとどめですね。

こんにちは!

今年の2月は寒いです。管理人さんもお風邪ひかないようにね(手紙みたいですね)
國母選手のような価値観の人は、違反する高校生と似ているのでしょうか。バランスが悪いから変にこだわったり、それがプライドだと勘違いして、知性と教養にかけて、結果的には損をするのがわからない。ちゃんと、社会の厳しさを命がけで教えるべき人がいなかったのと、言われなくてもわかるタイプじゃなかったのかな。
批判して、反省しろと突き飛ばして見ても、這い上がってまともになれないかも。ひとつでも才能があったのは、生き直すチャンスです。野田聖子が全責任を持って出場させるという言葉にほっとしました。やって良い事悪い事、我慢する事と、自分の意思を貫くべき事は、経験させる中からでないと伝わらないのでは?悪いから、切り捨てるのではなく、成長の機会を与えて、その変化を見てみたい。私も、この手のタイプは苦手です。でも、生きていればどこかでかかわり、結構良いところもあるのだと、感じさせられる事もあるかもしれません。その逆も。こういう,心の未成熟な子供たちは増えていくと思います。その子たちを見て、成ってない!と怒り批判するのはもっともですが、makoさんも管理人さんも、見放すしかない!というお気持ちなのでしょうか?

見放すのでなく、厳しい指導が欠けているということですよ。少なくとも今回の件が問題になった時の対処の仕方は甘いと思いますよ。あの謝罪は、全く誠意のかけらもなければ反省の度合いも皆無です。それでも出場させるのであれば、あのむさくるしいレゲエの髪の毛を切り落として坊主にするか、橋本団長がマスコミの前で往復ピンタでもするしかないでしょう。それが毅然とした態度というもので、古くから日本の伝統文化だと思います。全世界に日本の侍魂を見せるチャンスだったのにね。見放すのは放任で賛成出来ません。アメリカのように1ヶ月間、ボランティア活動でもさせるのもいいかもしれません。とにかく形だけの口頭注意では、ゆとり教育で育った、世の中をなめくさっている若者には何の効果もないということですよ。ゆとり教育は、日本人から礼儀、作法、我慢強さ、躾など、長年培ってきた遺産をすべて潰してきたのですよ。だから国母のような傍若無人な礼儀知らずが現れるのですよ。国母の髪の毛を刈ってやりたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP