プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/11 (Thu) 18:58
学習院で愛子様いじめーついに皇室までもか

皇太子家の長女で学習院初等科2年の愛子さま(8)が8日、6日ぶりに登校された。だが、学習院が抱える問題の火種は依然としてくすぶっている。今週発売の女性週刊誌では、現役保護者らが“学級崩壊”の実態を次々と暴露。なかには「粗暴」という言葉では済まない児童もいる、との指摘もある。宮内庁によると、愛子さまは8日、4時間目の授業から登校。皇太子妃雅子さまが付き添い、授業を参観された。授業終了後には給食を食べずに2人で帰られたという。今月5日、宮内庁の野村一成東宮大夫が会見で突然明らかにした愛子さまの不登校問題は、さまざまな波紋を呼んでいる。中でも、これまで皇室問題を大きく取り上げてきた女性週刊誌はそろって“学習院問題”を特集した。「週刊女性」最新号は「イジメは昨年からありました。陰湿で、愛子さまに向かって暴言を吐いたり、持ち物を隠したりしたそうです」という東宮関係者の証言を掲載。子供を同校に通わせている父親も「1年生の1学期から、すでに学級崩壊状態」とし、問題行動を繰り返す男子児童について「担任が全く注意をしないので増長してしまったのです。授業中に堂々と“DS”をしたり、あるときはイスを持ち上げてお神輿ごっこをしていた」と語っている。一方、「女性自身」は保護者の証言として、前出の児童と同一と思われる男子児童による愛子さまへの「乱暴」の具体的内容を暴露。同誌によると、「乱暴」があったのは今年3月2日のことで、愛子さまは下校途中、日ごろから問題行動が指摘されている男子児童たちと衝突。その際に児童は「『痛えよ! お前』と叫んで悪態をつき、愛子さまの足を蹴った」のだという。9日付の日刊スポーツも「(学習院は)いじめが多い学校として有名。無視をしたり、靴を隠したり、ボールを当てたり、文房具を隠す」という保護者の言葉を紹介している。名門・学習院で一体、何が起きているのか

 皇室のお子様にいじめ?我々の時代には考えられなかったことだ。しかしこれが「甘やかし」「ゆとり」「人権」「愛国心を育まない教育」の産物だろう。もはや皇室であろうと特別ではないということだろうか。あるいは日教組のバカどもが今までしてきた非国民を育てる思想の副産物だろうか。あるいは体罰禁止という全く教育現場にそぐわないアホな政策の結果だろうか。いずれもあてはまっていると思いますよ。学習院に行くような子供は親が金持ちで甘やかされてきたことは十二分に想像出来る。それが一人っ子だったら尚たちが悪い。家庭でも学校でもお客様扱いだろう。おそらく悪さをして叩かれたことなどないだろう。これが他国だったらどうだろうか。イギリスの王室の子供がいじめに遭ったらどうなるだろうか。北朝鮮で金日成の孫がいじめに遭ったらどうなるだろうか。処刑ではすまないだろうね。一家もろとも葬り去られるだろうね。
 結局、今の日本はいじめに対しての罰則もなければ定義も曖昧なままだ。学校側も責任をとらされたくないからシラを切るしかない。いじめを認めたらそれこそ首がとぶ時代だ。かと言っていじめをした生徒を指導しそこねたら学級崩壊になってしまうこともある。いじめた生徒を引っぱたいたら、モンスターペアレントの親が学校に来てその教師を土下座させるようなこともある。こんな環境ではいじめは永久になくならない。毎週火曜日に「泣かないと決めた日」は新入社員のいじめをテーマにしているが、あまりにも生々しいのでつい見てしまう。いじめはいけないが何故か面白くワクワクしてしてしまう人間は多いことだろう。それにしてもマスコミはいじめを助長させるような番組を面白おかしく放映するね。あれを見た子供はどう思うかなんて考えていないだろうね。日本のマスコミは視聴率と刺激だけを求めているにすぎない。情けない連中だ。
スポンサーサイト

<< 児童虐待はなくなりゃしないよ! | ホーム | バンクーバーオリンピックー韓国に勝てない日本 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。