プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/04/28 (Sat) 16:33
最近のニュースより

●戦後補償裁判、上告側敗訴
 戦時中の慰安婦問題の裁判だ。日本人的感情からすれば「いつまでがたがた言っているんだ!いい加減にしろ!」と言いたくもなる。そんなものを認めていたら次から次へと名乗り出る、偽慰安婦が現れるのは目に見えている。そんなことを言うなら、日本だってGHQにひどいことをされた女性もいた。戦争中は人間は狂気になるのだ。日本人の慰安婦がアメリカに補償なんかしたのか?原爆の補償をアメリカにしたのか?
そんなことできっこない。国と国の関係こそ、強い者、弱い者の構図そのものだ。ちなみに日本はアメリカの言いなり。いじめっ子いじめられっ子の関係と似ている。イラク・インド洋の自衛隊派兵など、いじめっ子の号令に従っていじめっ子が言いなりになっているにすぎない。更に北朝鮮に何人も拉致されているにも関わらず、何も解決できない。北朝鮮にバカにされているだけだ。過去の慰安婦問題を出されたら何も言い返せない。日本はいまや発言権のない、ふぬけ国家に過ぎない。
 話を戻して、今回の慰安婦裁判で敗訴した理由が、1972年の日中共同声明で、賠償請求権は放棄されたことだった。そんな内容が盛り込まれていたとは正直驚いた。台湾との国交を切ることが条件とされ、変わりにパンダ2頭が渡され、上野動物園はものすごいこととなったことを今でも覚えている。当時の中国側代表の周恩来にいいようにされたのだ。外交術が下手な日本は相手の言うなりであった。しかし慰安婦の賠償はなくすことが盛りこまれていたなんてね。
 では中国側の立場からすればどうか。19世紀半ばから列強の植民地のターゲットにされ、アヘン戦争、対華21か条の要求など、まさに国はズタズタ状態だった。最期は日中戦争で日本にひどい目に遭い、南京大虐殺、慰安婦が象徴的な事件だった。今でも盧溝橋の戦争記念館では、日本の悪行が映像や蝋人形で展示されている。731部隊の細菌兵器の人体実験にされた中国人が何人もいたとか。時々毒ガスが掘り出されるたびに心が痛む。こんなことをされたら、そりゃあ怨みもしますよね。しかも戦時中の慰安婦の方はまだ何人も生きていらっしゃるのだから。中には、中国から日本に連れてこられ、北海道の炭鉱で働かされ、終戦間際に脱走したのはいいのだが、12年もの間終戦を知らず、山中で隠れていた方もいたとか。横井さんが27年間、小野田さんが29年間、終戦を知らずにジャングルの中で身を潜めていたのもショッキングだが、それに匹敵する悲劇だ。
 日本と中国の関係は、昔は、倭の倭国王が後漢に遣使、卑弥呼が魏に遣使、遣隋使、遣唐使、勘合貿易など、関わりは深かった。しかし明治以降は、日清戦争、21か条の要求、日中戦争等、一方的に日本が支配していた。韓国は更に関係が深い。白村江の戦いでは百済が滅び、文禄慶長の役では朝鮮に攻め、やがて韓国を併合してしてしまい35年間もの間、植民地にしてしまった。
 問題は、植民地にした国の扱いだ。とにかく日本はひどかったという話がほとんどだ。ナチスのホロコーストほどではないにしても、南京での大虐殺、慰安婦問題は、中国人は当分忘れないでしょう。フィリピンは、スペイン、アメリカ、日本の植民地になったが、圧倒的に日本の扱いがひどかったらしい。マニラ市内のパシグ川のほっとりに牢獄があり、マニラ湾が満潮だと牢屋に水が流れ囚人が溺死、干潮になると牢屋の扉が開き死体がマニラ湾に流れていく。マニラ湾は夕日で有名だが、日本の占領中は死体で埋まったらしい。また、ミンダナオ島の山中で終戦を知らずに逃げ回っていた日本兵の残党が、民家から父親を誘拐し、空腹のあまり食べてしまったらしい。
 今の日本を見ていると、弱者には厳しい。再チャレンジと言いつつ、年齢制限で再就職など出来ない。フリーター、ニート対策と言いつつ、学歴や資格がないと職につけない。転職しても正社員にはなれない。自殺者が年間3万人以上、いじめで自殺者が出ても有効な手が打てない。すべては弱者に対しては冷たい国だ。
 最近はなぜか共産党の方々の演説に耳を傾けるようになった。共産党、社会党は国を堕落させる邪魔な集団だと思ってきたが、弱者の立場に立てばそうでもない。
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | 最近のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP