プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/05/05 (Sat) 13:15
最近のニュースより

●テレビ朝日「生徒諸君」
 金曜日10chの「生徒諸君」は吐き気をもよおす番組だ。生徒の一言一言がよくない。「俺たちに教師はいらない」「俺たちにかかわるな」「しつこい」。そんな生徒に体ごとぶつかろうとしている内山理名の姿も痛々しい。校長も校長で、教育委員会のお偉方には何も言えない。言いなり状態だ。「問題教師が生徒を山に置き去りにしてしまい、生徒が教師に不信感の感情を抱いた」という設定だ。あまりにも荒唐無稽だが、実際にこれに近い例はある。問題なのはそうでない真面目な教師までそのように思われてしまうことだ。日本人の視聴者はテレビに洗脳されやすい。教師は信用できない、いい加減な人間が多いと思ってしまうのだ。
 教師も教師でひどい発言ばかり。「生まれ変わっても教師になりたい人?」と言えば誰も手をあげない。問題教師も、何故教師になったのかと聞かれたら「親父が文部科学省の役人だからですよ。でなかったらこんな職業なんて誰が就くものですか」。これはひどすぎやしませんかね。これから教師を目指している者もいるわけですよ。まるで教師がひどい職業であることを言いたいような番組ですね。
 昔は金八先生で、1人をリンチした時、「顔はまずい。ボディーボディー」と三原順子が言っていたのを、放送後、多くの学校でその言葉が流行ったそうだ。それほどテレビ番組の影響は大きいのですよ。当然、いじめの際に、同じようなセリフが言われていたのでしょうね。
●ある大学での調査
 産能大学で調査した結果、講義中、前の方に座っている生徒のほうが成績がよく、後ろに座っている生徒は成績が悪く、教授の授業のやり方には厳しい判定をしているとか。全くバカらしい。後ろに座っているということは授業にあまり関心がなく、適当に授業を受けている者だ。そのような者に限って人のせいにしたがる。教え方が悪い、内容がつまらない等々。大学に限ったことではない。高校でも、問題児に限って後ろに座りたがる。授業内容がわからないから騒ぐ。挙句の果てに、教え方が悪いなどと教師のせいにする。これも、生徒による授業評価なんか取り入れるからだ。生徒が教師を評価するなんて100年早いちゅうの。そんなことをするから、ろくに勉強もしないで授業中騒ぐ輩が増えてくるんだ。そもそも下の者が上の者を批判なんかすれば組織は崩れる。日本は女、子どもに甘くなりすぎてはいないか。女、子どもを守るのが昔の日本の美徳だった。「武士の一分」もそれがテーマだ。しかし本来守るべき者に、おかしな権利意識を与えてしまったらどうなるか。組織が崩れてしまうだけだ。
 与えられた環境で与えられた教師や上司に仕える。それが出来ないと、常にやるべきこともやらないで文句ばかり言うおかしな人間が増殖してしまいます。いや、すでに増殖しつつありますね。
●公園がなくなると 公園での事故が続くと、その公園の遊び道具を撤去してしまうようだ。その結果、子どもは遊び場をなくしてしまう。当然、コミュニケーショの場を失う。その結果、部屋に閉じこもり、テレビやパソコンにはまる。その結果、どのような心理状態になるのか。興味深い調査結果がある。
A:外で遊ぶ時間が皆無で、テレビを3時間以上見る子ども 
B:外で1時間以上遊び、テレビを見る時間が1時間以内の子ども
・自分がだめな人間だと思う ・生きるのがいや ・何もしたくない
それぞれの質問で、どの質問に対してもAがほぼ30~40%、Bがほぼ10~20%の間にある。それほど外で遊ぶ時間は貴重で、テレビを見てばかりだと良くない気分になるようだ。
 考えて見れば、良いテレビ番組って何でしょうか?最近のニュースはバラエティー化が目立ち、やたら死亡事故、殺人事件を衝撃的に扱ってますね。ドラマも何か陰湿的なものが多く、笑える番組が少なくなりましたよね。「不良少女と呼ばれて」「高校教師」「人間・失格」あたりから何か不良をターゲットにした番組が増えてきましたね。正確には「飛び出せ青春」「われら青春」もそれに近かったような気がしますが、まださわやかさがありましたね。そう、その「さわやかさ」が今の番組にはないのですよ。何か後味の悪い、人間の変な感情を揺り起こしてしまうようなものが多いですよ。いかにも視聴率稼ぎがミエミエですよ。
 
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | たちの悪いお局教師 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP