プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/05/07 (Mon) 19:36
埼玉で高3が自殺

 久しぶりに自殺の記事を見た。発見されたのは高校3年生の男子生徒で、学校のLL教室で、母親らによって発見された。私立の付属高校で、高校3年生のこの時期、一体何があったのだろうか。進路関係かいじめか恋愛関係のもつれか。高校3年のこの時期は進路を決定する時期だ。モラトリアム時代とも言われ、自我同一の時期でもある。自分が誰なのか、何のために生きているのか、存在理由に苦しむ時期だ。そんなものは誰でも通る時期だ。しかも存在理由なんかわかるはずがない。意生まれてきてから親の背中を見て育ってきた子どもにとって、親の姿しかわからないのだ。自分が何に向いているのかわかるほうがおかしい。
 例えば、父親が商社員、外交官で、海外に住んだ経験のある子どもだったら、将来は国際関係で進もうと思うし、英語や社会をもっと勉強しようとするモチベーションも起きる。父親が教師や教授でインテリセンス溢れていたり、人格的に優れていれば、自分も父親のようになろうと思う。何かこのような動機がないと、自分が何に向いているかなんて絶対にわかりませんよ。
 だからこそ、昨今は、体験学習、インターン等を強く勧めている。総合学習で、本屋のレジを手伝っていた中学生もいた。いい経験になると思う。それらは体験からくるもので、本当の自分との出会いかどうかはまた別問題でしょう。イチローや松井はいいですよね。したいことが子どもの頃から明確でしたから。野球との出会いが小さい頃にあったのでしょう。思うに、子どものころは出来ることは一通りなんでもやらせないとだめでしょうね。
 
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 最近のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP