プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/05/08 (Tue) 23:52
本日のニュースより

●ジェットコースター事件
 万博跡地のジェットコースターの車軸が折れ、1人死んでしまった。そして毎度お馴染みの「安全点検」がおろそかにされていたことが発覚。昨年のシンドラー社のエレベーターといい、日本はどうして事件が起こってから慌てて安全対策を見直すのだろうか。両方とも過去にかなりのトラブルが起きていたにもかかわらず、大事故になってようやく仕方なく動き出している。
 日本は昔からそうだ。サリドマイド、スモン病、カネミ油症、アスベスト、イタイイタイ病、C型肝炎、薬害エイズ等、数え上げたらキリがない。企業の利益追求の元に、人間の命が二の次にされている傾向が非常に強い。かつてはお国のための特攻隊、今は企業のためにリストラ?大きいものの前で小さい人間は何も出来ないのだろうか。
 いじめも同じ。すでに21年前から、葬式ごっこで自殺した鹿川君事件。あの時も教師がいじめに加わっていた。昨年の福岡の森君事件と何らかわりがない。日本人は学習能力がないのであろうか。いじめはその時々にいじめ撲滅のための通達が来るが、ただのきれいごとばかりの文言で、実態に合っていない。いくら命の尊厳などと言っても、教室の中には教師の存在などへとも思っていない生徒はいくらでもいる。いじめても、教師は怒らない、親は子どもの言いなり、教育委員会は教師の指導力不足を指摘、生徒にはゆとり、人権等、まるでお客様扱い。こんな状況でいじめがなくなるわけないだろうが!
 いじめをなくす方法は1にも2にも教師の体罰を認め、親が学校にクレームをつけないこと。ただし教師の体罰は生徒に外傷をのこさない程度のものとする。時々骨折させたり鼓膜を破ってしまう教師がいるがそんあのは論外。 
 
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | 埼玉で高3が自殺 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP