プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/06/13 (Wed) 19:49
本日のニュースより

●学力テストの予期せぬ波紋
 どうも学力テストの評判はあまり芳しくない。結果を出してどうするかがはっきりしていないからだ。ただ言えることは、またかつての受験熱が再発するということだろう。特に中学受験は子どもの一生を決めかねないから親は必死だろう。
 都立高校の中にも進学重点高校、中高一貫学校などが実績をあげてきたので、私立もうかうか出来ず、これまで以上に、出来る生徒の青田買いが盛んになるだろう。 
 107→134→14→10→6→28。これは何の数字でしょうか。かの日比谷高校の10年ごとの東大合格者数です。今年は28人、それ以前は氷河期。昭和40年前半の、世紀の教育改悪である「学校群制度」のため、都立高校の進学高校は軒並みダウン。134人から14人に減ったのがその頃です。みんな平等といったおかしな風潮が教育界にも席捲し、勉強していい大学へ入るのが受験熱を煽る悪いことのように思われていた頃です。その反省を踏まえ、一部の公立高校でまた進学に力を入れ始めたのですが、また受験熱を煽ることになり、その結果は「落ちこぼれ」「格差」が問題になるでしょう。そんなことは昭和50年前半に問題になったのですが、また同じことを繰り返そうとしているのでしょうか。歴史は繰り返すですよ。
 そしていじめはいつの時代にも起きています。
●こんな決め方でいいのかね?
 毎度お馴染みの光景が国会で。政治資金の領収書添付の法案が与党多数決の強行採決で決まった。野党の怒号と議長の採決妨害の光景は見ていて見苦しい。あれでは内容の善悪より、どちらの物理的な力が強いかを、押し競饅頭状態でしているだけだ。
 あれを見ている子どもはどう思うだろうか。気になるのが、最近のいじめが、1対その他大勢になっていることだ。何だか与党のやり方に似てはいないだろうか。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP