プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/21 (Thu) 06:32
本日のニュースより

●偽装・非安全列島日本
 ミートホープ、加ト吉が牛肉を豚肉と称してコロッケにして売っていた。このような商品偽装が目立つ。思い出すだけでも、賞味期限の不二家、雪印、国産牛肉など。しかもお互い責任のなすり合い。問題が大きくなってようやく謝罪。こんな大人を見て子どもはどう思うだろうか。悪いことをしても素直に認めず、屁理屈をこね回す子どもが増えるだけだ。
 渋谷でのスパ爆発は、4年間も点検していなかったらしい。つい先日のジェットコースター事件、昨年のシンドラーのエレベーター事件を思い出す。人のお命を何だと思っているのだろうか。安全神話の崩壊だ。
 どれもこれも「いい加減」の一言に尽きる。東横インで、駐車場に身障者用の駐車場がないことが発見された時の社長のコメントを思い出す。「制限速度60キロのところを70キロで走っちゃったようなもので…ヘヘヘ」とにやけながらの会見。風当たりが強くなってきたら「すみません、すみません…」。コムスンの会長の謝り方もそうだ。何が悪いかを曖昧にしてただ「すいません」「ごめんなさい」の繰り返し。ただ謝ればいいといったいい加減さ。
 これは子どもの教育上、極めて悪影響だ。つまり、何が悪いかがわからなくてもとりあえず謝罪すればほとぼりが冷める、という安易な発想になっているからだ。しかも大企業の社長が、不正を知りつつ利益最優先の姿勢を持っていること。要するに「金さえもうけりゃいい」といった、非常に短絡的な発想になってしまう。ホリエモンや村上ファンドのような金の亡者が現れても何ら不思議はない。
 これらの現象は、「本物」がなくなりつつある日本の暗の部分を浮き彫りにする。本物がない国、日本。親子関係、規範意識、仕事への忠誠心など、すべて曖昧になってきた。
 いじめ問題もしかりだ。本物でない学校の対応、本物でない親子関係、本物でない友人関係、すべて昨今の日本を繁栄してはいないだろうか。安倍首相の強行採決による数々の法案成立も何か本物でない。教育3法案のどこが教育改革であろうか。愛国心や教員免許法が、いじめ撲滅とどう関係があるのだろうか?現場教師の生の声が反映されない法案など、何の効果もない。

スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 最近のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。