プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/06/22 (Fri) 22:06
本日のニュースより

●上には上が…
 ここ2日、マスコミ関係の方の取材、相談を受けた。とある雑誌では「バカ親特集」を連載している。やはり現場の生の声は一般の方には相当奇異に感じるようだ。いっそのこと「今時のバカ親特集」といったタイトルの本でも出版しようとさえ思うこともある。少なくとも私の記憶の中には、「バカ親」にふさわしい方は何人も記憶されている。
 以前、金八先生が学校に与える悪影響を感じたことがあり、本でも書こうかなと思ったこともあったが、先を越されてしまった。「プロ教師の会」がすでに「金八先生不要論」というタイトルの本を出版していた。内容はほとんど私が書きたかったことと同じだ。問題教師特集もプロ教師の会が出版していた。「ダメ教師殲滅作戦」だ。やはり同じことを思っているのだなと思うと同時に、思い立ったら吉日で、すぐに出版しないとだめだと思った次第で。
 驚いたのは、いじめを本格的に調査し、何冊も本格的ないじめ関係の本を書いた方とお話しすることができた。同じく、「学校でどうしていじめがなくならないのか」「何故教師は一枚岩でいじめに対応しないのか」等、学校の実態を伝えたのだが、つくづく「学校の常識=世間の非常識」であることを痛感した。その方は、アメリカのいじめに詳しく、アメリカではいじめられたらすぐに警察に通報することが出来、なおかつ「ゼロトレランス」で徹底した生徒指導が可能など、とにかく様々なことをよく知っておられる方でした。
 いじめ対策は最重要課題と言えるでしょう。病気で言えば、花粉症対策、3大成人病対策並みの重い課題と言えるだろう。
●ミートホープ社長の会見
 情けない社長だ。長男の息子の一言でしぶしぶ自分が指示したことを認めた。最初は工場長に責任をなすりつけようとしていたが、工場長も口ごもっていた。逆に父親に恥をかかせながらも正義をつらぬいた長男に拍手を送りたい。
 では何故社長は不正を認めない傾向があるのだろうか。今回も偽装発覚後、元幹部、元従業員が次から次へと過去の不正を暴露し始めている。認めれば行政処分も下る。このように認めてしまったら次から次へと処分が待っている。人生が終わってしまう。中には自殺に走る者もいるのもわかる気がする。これは日本の悪しき傾向だ。
 学校も同じで、いじめを認めたら校長は指導力不足になり、ご栄転はなくなる。定年後の私立高校への天下りもなくなる。だから必死になって隠すのだろう。
 
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

女性教師のこと

はじめまして。小学校教師をしている者です。たいへん興味深く拝見させていただきました。中でも、女性教師を取り巻く環境のことはよかったです。
小学校は女性教師が多いため、男性教師は萎縮している傾向にあります。また、セクハラなどがクローズアップされるにつれ、ちょっとしたことで男性教師がセクハラ扱いにされることは日常茶飯事です。そのため、管理職は、女性教師に甘く、男性教師には厳しいのが現状です。女性教師をへたに叱責すると、セクハラだのパワハラだのと言われかねないため、管理職は警戒しており、結局男性教師にしわ寄せが来ています。
教師だけでなく、児童生徒に対しても男性教師はやりにくくなっています。男性教師だと、体育などで着替えをしている女子児童生徒の教室の前の廊下を通っただけで「覗いた」なんて言われてしまうこともありますし、ちょっと触れただけなのに、セクハラなんてこともあります。その点、女性教師が男子児童生徒に同じようなことをしても責められないので、女性教師から見れば男性教師が不能教師に見えてしまうのでしょうね。
教育現場は、女性教師が増えています。いつでも辞められる女性教師に対し、男性教師は辞められないという呪縛があるので、頭のいい男性なら、教師なんて目指さないようです。
学校は女性教師の言うなりに動いており、魅力なんて感じない職場になっています。

  おっしゃる通り! 

 私の書き込む内容は過激すぎる?という方もいらっしゃいますが、やはりおかしいものはおかしいと言っていかなければ、と思っています。私の考えでは、男性より女性のほうが意地も悪いし、悪に徹することもできる面がありますね。また、セクハラの逆利用ではないですが、自分がいじめられているふりをし、被害者意識を装うのも上手な方もいますね。
 特に教師の中には、自称「ジェンダーフリー促進教師」などと称して、男女混合名票を採用する際には目の色を変えて運動しますよ。しかしこのような教師は、ただの「うるさい教師」としてしか認められていないので、同僚は内心煙たがっております。しかし情けないのが管理職で、このようなジェンダー教師の要求はほとんど受け入れてしまうのです。少しでもご機嫌を損ねないために。しかも、最近の教育委員会の方針として、女性の管理職も増やすようにという方針のようです。そのため、どうしようもない人格の女性教師が管理職になるケースもでてきます。男女同権と言うのなら、やるべきことを理性を持って実行しろ!と言いたくもなりますね。
 人類がこの世に誕生してから、男は、女・子どもを守る存在ですよね。と言うことは、今の女・子どもに過保護な昨今の風潮は、この世に神が人類を誕生させたことに対する裏切り行為のようにも見えますが。
 1人でも同じ考えのかたがいて安心しました。また何か思ったことを気軽に書き込んで下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP