プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/12/20 (Sun) 12:09
いじめ相談、生徒手帳に(福岡)は詭弁も甚だしい。

福岡県筑紫野市教育委員会が生徒手帳にいじめ相談のページを設け、「いざ」となったら役立てもらおうとしている。
いざとはなんだろうか? 自殺した場合の証拠だろうか? それしか考えられない。と言うことは、生きている間は延々といじめられていることを書き続けるということだろいか?
問題なのは、いじめを生徒手帳に書いたら、それを担任がチェックしていじめを止めさせられるかどうかだ。しかし今の教師はイジメを止められない。逆に担任にチクったことで更にイジメがひどくなる。だからあまり意味がない。せいぜい自殺した時の証拠物件ぐらいにしかならないだろう。
根本は、教師の体罰禁止が大きい。イジメた生徒は、馳浩みたいに、体罰で教えるしかない。痛みと恐怖でないとイジメなんかなくならないよ。そこは多くの大人はわかっているはずですよ。しかし今の教育界はどうかしてますよ。何でもかんでも体罰禁止。これっておかしくないですか?

2015/12/19 (Sat) 20:32
馳浩さん、体罰をしたことを謝罪してはいかんでしょ!

馳浩さん、文科省大臣になったからと言って、何故体罰したことを、謝るんですか? 悪さをしたら体罰は当たり前ですよ。そんなイロハのイを否定している最近の世の風潮がおかしいんですよ。義家さんも体罰必要と言ってますよ。
昔。寺脇研さんがゆとり教育と一緒に体罰も口うるく言って、日本の教育現場を混乱させたのです。それを元の正常に戻すと期待していたのに残念です。

以下はあなたに関する記事です。
いじめの指導で放課後四時間教室から(生徒を)出さなかった時は他の教職員がハラハラしながら私の教室の外で見守っていて後で散々言われました。(中略)口で『いじめはダメですよ』と説くのは誰でもできる。でもこれはそんな次元で済ましてはダメで態度で示す以外ない。教室の用具はボコボコになり、最後は加害生徒が泣いて詫びながら二度といじめないことを誓ったので終わりにしましたけど、これは仲間内の教職員から散々に言われました」
 
 他の教職員に批判されるのは当然だろう。「加害生徒」が泣いて詫びたのは暴力に屈したからとしか思えず、それではただの“暴力の連鎖”だ。しかも大人であり学校内の権力者である教師から子供への暴力。これでいじめ問題が抜本的に解決するとは到底考えられない。

2015/12/16 (Wed) 21:34
愛媛県の中学生に体罰は教師ばかりが悪いのか?

愛媛県で担任が男子生徒に体罰をしたことが問題になっている。平手で20発以上、トイレで体罰、母親が録音など。相変わらずマスコミはセンセーショナルに書き立てている。
しかし40も過ぎたベテランの男子生徒がどんな悪さをしたのかが全く報じられていない。母親も教師を責めてばかりで、自分の息子が悪さをしたことに関しては何謝っていない。そもそも教師の体罰は生徒が悪さをしたからという前提だ。しかも体罰をするほどの悪さをしたと言うことが全く報じられていない。
いじめ問題も全く同じだ。いじめた生徒を注意してもいしもをやめない。次は痛みで教えるしかないだろう。ビートたけしも同じことを指摘しています。口で言うだけでは聞かないクソガキは多いですよ。それをマスコミの薄っぺらな評論家は鬼の首をとったように教師を責め立てる。しかし評論家をするような奴らは教師の言うことなんか聞かなかった連中だ。このような奴らが教育現場を潰してきたのは言うまでもない。

2015/07/18 (Sat) 17:45
岩手のいじめ自殺の原因は、教師の体罰禁止だ。

先日、とあるマスコミの教育担当と激論。マスコミは「体罰禁止」という言葉に洗脳されている。バッカじゃないの?と言いたくもなる。そもそも今の大人は子供の時、教師や親に当たり前のように叩かれて育ったはずだ。言葉による説教だけでは効果のないことなど十二分にわかっているはずだ。で、何故、自分の子供達が教師に叩かれると、鬼の首をとったように、体罰だ!と叫ぶのであろうか? 体罰がダメなら他に方法があると言えるのだろうか?鹿川君事件以来、30年経ってもいじめ問題は全く解決していない。それどころか、子供は教師が体罰禁止で何もできないことを知っており、ますますいじめがエスカレートしてきた。1月の川崎の事件、犯人は定時制の元生徒。あんな人間のクズは、いくら家庭環境が劣悪とは言え、死刑相当だろう。被害者の親に、犯人を殺させてもいいのではないだろうか。日本の法律は甘すぎる!
話を戻そう。話を戻そう。何でもかんでも、いっぱひとからげにして体罰禁止で洗脳されているマスコミ、及びバカ親の諸君。ずうずうしく、世間を舐めくさっている若造をどうするつもりだ?善悪の区別、規範意識は、言葉だけではどうにもなりませんよ。

2015/03/31 (Tue) 10:25
人を疑う心は必要-教師の平和ボケ教育

「人を疑ってはいけません」と教師は言う。果たしてそうだろうか? その言葉を鵜呑みにしたはまかりに騙されたり酷い目にあったりする人は多くないだろうか。
例えば川崎の中学1年殺人事件、いつもニコニコ
、人を疑わず、相手の言いなり、その結果、殺された。
ブルガリアで女子大生がレイプされた後に殺された事件、夜の白タクに何の疑いもなく乗り込んでしまった。
ある新設の都立高校。開設の教師の理想は鍵をかけないロッカー。盗人など生徒の中にいないとでも思ったのだろうか。それとも盗難など全くなくなる教育ができる自信でもあったのだろうか。結果は明白。悪ガキの窃盗団に取られ放題。
以上からもわかるように、人を見たら泥棒だと思え!みたいなことも教えないとね。金はとられる、命はなくなる、ではやってられません!

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。